マツコの知らない世界で知った美味しいコーヒーの入れ方

知恵・発見・知識
Aerial view of people making drip coffee

毎朝妻とコーヒーを飲むのが日課です。最近は一日分のコーヒーをたっぷり入れて、朝はホットコーヒー、残りは冷蔵庫に入れて好きな時にアイスコーヒーとして飲んでいます。一か月に三回ぐらい夜に無性にホットコーヒーが飲みたくなって飲んだりします。

そんなコーヒーが生活の一部になってますが、マツコの知らない世界で紹介したコーヒーの入れ方は確かに美味しかったので忘れないためにまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

マツコの知らない世界で知った美味しいコーヒーの入れ方

2018年2月6日(火)放送のマツコの知らない世界でおうちコーヒーの世界が取り上げられました。世界一の焙煎士が教えてくれたポイントは2つ。

1.お湯の温度は80ー90度にする
2.できるだけ先が細いもので粉の真ん中にお湯を少しづつ注ぐ。

1の説明はそのままです。熱湯は少し冷まします。
2の先が細いものは計量カップや紙コップでもいいそうです。ポイントは先があまり広くなくピンポイントで注げる細いもの。

注ぎ方ですが、とにかく粉の真ん中を注いでいきます。沢山のお湯を入れるとコーヒーペーパーの縁に粉がついていきますが、とにかく真ん中です。並々入れずある程度入れたら少し蒸らすのがポイントです。

あとは少しづつ真ん中にお湯を注いで少し待つを繰り返します。苦味である真ん中の部分のお湯がでてしまわないうちにお湯を注ぐイメージです。マツコさんも余計なものが入っていない感じがすると言ってました。確かに旨味がすっきりしてます。

毎回買っているのは訳ありレギュラーコーヒー


カフェ工房さんの訳ありレギュラーコーヒーを毎回買っています。何が訳ありかといいますと焙煎過程で多めに作りすぎたものを安くしてくれています。
コーヒー専門店のレギュラーコーヒー(粉・中挽き)が500g×5で1750円です。送料をいれてもウチの場合は2400円なのでいつも重宝しています。おそらく焙煎した粉コーヒーでは最安値じゃないでしょうか。

前回注文したのが3ヶ月前ですので毎日飲んでも3ヶ月持ちます。注文してすぐにくるものありがたいことです。味も好みがあると思いますが、癖がなくとても飲みやすいです。
毎回最後の1つを開けたら注文しています。

訳ありレギュラーコーヒー(500g粉×5袋)【カフェ工房】

コメント