[また食べすぎた] 太ってしまった時に気をつけるべき5つの注意点 [これで痩せる]

健康・美容
なる(10歳)
なる(10歳)

お母さんはいつも太るって気にしてるよ。

なる(70歳)
なる(70歳)

気を抜くと太るんじゃよ。

最近、太ってきたなぁと感じたらダイエットです。でも太ってしまって痩せたいとき、どんな風に食事をしたらいいんでしょうか?ただ食べ物を減らすだけでは不十分です。

スポンサーリンク

朝食を抜かない


肥満になったからと言って、一日何も食べないのはダメです。何よりも体によくありません。特に朝食は大切です。体と脳にエネルギーを与え、脳を一日中効率的に機能させます。また、病気の予防にも役立ちます。
もし朝食を抜いてしまうと食欲が止まらなくなります。朝食を食べないと、血糖値は低くなります。そのため、脳は通常よりも昼食と夕食を食べるように命じます そのため、どんどん肥満になるのです。
果物と野菜を沢山食べると満腹を感じやすくなります。朝食をたくさん食べて、昼と夜を少量にしましょう。

油を減らす


脂肪にならないように、油の摂取を減らす必要があります。目玉焼きの代わりにゆで卵を食べる、のようにかゆでたもの、蒸したものを食べるようにします。

1個の卵でも調理によってカロリーが変わります。オムレツは250カロリー、目玉焼きは160カロリー、ゆで卵は70カロリーです。調理法を変えましょう。

1日に少なくとも8〜10杯の水を飲む


1日あたり少なくとも8〜10杯飲むと、腹を減らすのに非常に役立ちます。1日に少なくとも8〜10杯の水を飲むと、体内の脂肪量を減らすことができるからです。

食事の1時間前に飲んだ場合、食欲も減ります 消化器系の消化を助けます。

でも注意が一つ。1日10杯以上の水を飲まないでください。腎臓が働きすぎて副作用が起きます。細胞を膨張して、頭痛、吐き気、嘔吐などの悪影響がでます。

食事以外の砂糖の量は、1日あたり小さじ6杯を超えない


砂糖の摂取量を意識して採らないように気をつけます。ジュースやミルクティーなどの代わりに緑茶を飲みましょう。砂糖は気をつけないと簡単に摂取してしまいます。

夜遅くに食べるのをやめる


深夜に働いたり、夜勤明けをすると、体は食べ物を欲します。私もコンビニの夜勤してましたが、なぜか食べたくなります。夜遅くまで起きないように気をつけましょう。どうしても食べたくなったら、リンゴなどの果物、ヨーグルト、豆腐などを食べるようにします。

この5つの点を気をつけだすと、毎日いかに好きに食べていたか気が付きます。量だけでなく、調理法、油と砂糖の量、食べる時間帯などに気をつけて、無理のないダイエットしましょう。

なる(70歳)
なる(70歳)

一食を栄養豊かなグラノラにするのも手じゃな。

コメント