FXは最初から少額で取引して経験を積む方がいい理由 [FX失敗学:1]

お金と物の使い方
なる(70歳)
なる(70歳)

FXは少額で始められるじゃぞ。

なる(10歳)
なる(10歳)

お小遣いでもできるの?

FXを始めて7年くらいになります。色々失敗して損をしてきましたが、最近やっと利益がでるようになってきました。過去の失敗を当時の自分に伝える気持ちでFXの失敗学を書いていきます。

振り返って思うのは、「FXは最初から少額で取引して経験を積む方がいい」ということです。理由を書いてみます。

スポンサーリンク

FXは100円からでもできる

普通のFXの取引単位は10000通貨です。一回の米ドル/円(USD/JPY)を買うか売るかすると、10000通貨単位で約46000円ほど必要です。上がると思って買うと、一個買うのに46000円ないといけないということです。

最近では、10000通貨単位ではなく、1000通貨単位で売買できるFX会社も増えてきました。そうなると一取引が4600円でできるようになり、簡単に言うと10個買ったり売ったりできるわけです。

これでもすごいのに、マネーパートナーズのパートナーズFX nanoでは100通貨単位で取引できます。一回の売買が460円でできます。40000円いれておけば、100個買ったり売ったりできるというわけです。南アフリカランド/円(ZAR/JPY)の売買ならなんと100円から売買できます。

「FXを始めたいけどお金もないし怖い」と言う人がほとんどと思いますが、パートナーズFX nanoなら数百円から実際の売買が始められます。私も最初に5000円ほど入れて、100通貨単位で練習してました。

★100円からのFX:キャンペーン実施中★

デモだと緊張感が無い

「デモでやればいいじゃない?」という人もいるでしょう。でも私はおススメしません。
なぜなら緊張感がないからです。「とりあえず買っておこう」とか「ダメでもいいや」という気持ちがデモだと発生します。あのFXのこのままいったらヤバイという感じは自分のお金でやらないと体験できません。

実際に、本番は自分のお金でします。46000円で米ドル/円を買って、上がると思ったらどんどん下がる。40000円を切りそうだという場面で果たして冷静に対処できるでしょうか?まず無理でしょう。だからこそ少額でもいいので緊張感と冷静さを体験しといた方がいいのです。なぜかというと、為替は絶対にすぐに思った通りに動かないからです。

FXの予想は必ず外れる

最終的に上がったとしても、そこに至るまでに上がったり下がったりがあるのが為替です。買った直後に思い通りにすぐ上がるのはほとんどないです。待つ必要があります。予想はある意味、一度は必ず外れるのです。

だからこそ、マイナスになったときに損切りするのか、待ち続けるのか、買い足すのかなどの冷静な判断は少額で経験しておく必要があります。

少額でもちゃんとすれば利益がでる

自分がどんな売買をするのかを確立するのには、時間がかかります。本やネットで溢れるほどの売買の方法があるからです。最初は必ず失敗するのです。

実践 → 結果 → 改善がFXなので自分の方法が確立するまでは時間がかかります。なのにいきなり10000通貨で取引するからFXの初心者は負けてしまいます。

検証を少額でして緊張感とメンタルを鍛える

これがFXの最善の勉強方法です。パートナーズFX nanoで数百円から始めましょう。

100通貨単位で取引できるパートナーズFX nanoの口座を開く

パートナーズFX nano(100通貨)は、マネーパートナーズのサービスです。

パートナーズFX(10000通貨)の口座を開設したときに同時に申し込むことができます。マネーパートナーズのパートナーズFXの口座を開設しましょう。

パートナーズFX nano | FX・証券取引のマネーパートナーズ-外為を誠実に-
パートナーズFX nanoの説明ページです。
なる(70歳)
なる(70歳)

手軽に始められるんじゃなー

コメント