知人と小判を売って来た!金を売るときに絶対したほうがいいこと

知恵・発見・知識


知人が実家の整理をしていたところ、おじいさんが買っていた天皇即位記念小判がでてきました。しかも4枚も。売りに行きたいので一緒に来てくれと言われ、「こんな面白そうな経験は滅多に無い」と付いて行ったので、その時に分かった金を売るときに気をつけるべきポイントをご紹介します。

本物の金は重くて輝きがまろやか

先ず本物なのかどうかという不安が知人はあったようです。証明書もついてますし小判にも純金の刻印があるので「本物だろう」と素人目に思ってました。なんでそう思ったかというとまず輝きが全く違います。キンキラキンという金の色ではなく、上質のコンソメスープのような黄金の色です。金というより上質の薄い綺麗な黄色でした。

先ず本物かどうか鑑定してもらうため、地元の結構有名なデパートで見てもらうことにしました。事前にもし本物でとんでもない値段でも平常心でいようなと打ち合わせをして早速専門家に見てもらいます。専門家いわく本物の金かどうかは見てすぐ分かるらしく、小判を四枚並べた途端顔つきが変わります。

ルーペで純金である印の刻印をじっくり眺め、書いてあるグラム数あるかどうか重さを測ります。そして電卓で1グラムの金の値段で次々と査定していきます。私と知人は平常心を装ってますが、内心バクバクです。さてさて、この小判は本物なのか?

最初に査定した小判の値段は23万円でした。2000円ぐらいのトーンで「23万円」と言われるとやっぱ人間演じきれませんね。「うぉっ」て声出てしまいました。純金ってスゲーな、というか本物なんだね・・・。その後も次々と査定され合計で71万円ほどでした。

こんな機会ないので金について色々質問した

この4枚の小判が71万円と聞いて、軽いパニックになりながらも、こんな機会ないので色々専門家に質問してみました。

質問1:今すぐ売ると言ったら支払いは現金でもらえるのか?

即現金払いだそうです。もちろんいま手元に70万円もあるわけではないので、銀行で下ろしてくるので15分ほど待って頂きますと言ってました。純金だと分かるとすぐに何十万も払えるほどの信頼の金って凄いんだなと改めて思いました。

質問2:なぜ買い取りに金の値段が表示している値段より安いのか?

金を買い取るところでは毎日買い取る金の相場が違います。上がったり下ったりしてるので店頭に1g4997円みたいに金の値段が表示されています。でもこれはインゴットと呼ばれる状態の金の値段です。1キロの金の板(インゴット)の場合は1g4997円ということです。簡単に言うと金の延べ棒のように金の無加工の塊が1キロある場合は4997円で買い取ってくれます。
小判の買い取りの時の金の値段は1g4105円だと言われました。1キロの塊ではない小判の形なので金の買取の値段が店によって変わるのです。店頭の表示が4997円だからといってその値段で買い取ってくれるわけではありません。

質問3:天皇の記念小判だと価値が増すのか?

天皇即位50周年記念小判だったので、コレクターがいてその値段が70万円もの高額になったのかと思ってました。でもそれは全くの間違いでした。70万円とは完全に金の価値だけで小判としては価値がないそうです。その証拠にこうやって買い取った金を集めて、金の延べ板に加工するそうです。もちろん江戸時代の本物の小判などは別ですが、天皇即位記念のような記念に純金で作られた小判やコインは金の価値しかありません。それで小判と一緒にもってきた鑑定書などは全くいらないし、価値が無いそうです。

高額買い取りを提示されるが一度落ち着くことにする

大手のデパートの買い取り専門家に色々聞いたとき、すっかりこの人の人柄に心地よさを感じ、「もうこの人に買い取ってもらっていいのでは?」と内心思ってました。でも知人と売りに行く前に、どんな値段でも一度持ち帰ろうと決めていました。それで買い取りの値段を紙に書いてもらいその場を一度離れます。

十分専門家から離れると、人間って自然と笑みが溢れるんですね。私と知人は無言で目で語り合ってました。「本物だったな」と。今後あんなにスムーズなアイコンタクトは無いでしょうね。とりあえず気持ちを落ち着かせるためスタバに行き、ちょっと甘めのカフェ・モカを頼んで落ち着きます。まだ売ってもないのに、知人も舞い上がっていたのでしょう。全部当たり前のようにおごってくれました。

カフェ・モカを半分ほど飲んでからやっと小判の話をはじめます。「さて、どうするか?いい人だったし、有名なデパートだしこのまま売って帰ろうか」偽物だと一度は疑った小判が本物で71万円ですからもうこれでいいんじゃないかと思ってました。知人もその気になっていたようです。

でもちょっと引っかかりました。インゴットなら1g4997円なのに、ちょっとだからといって1g4105円まで落ちるのは納得がいきません。結局その差額が買い取る方の利益なのでしょう。それで思ったんです。「買取価格って店ごとに違うんじゃないだろうか?」それでスマホで調べ近くの別の金を買い取ってくれるところに行ってみました。

他の店でも査定に出してみる

スマホではわかりませんでしたが、2つ目の買い取りの店は殺風景で簡素な店でした。でてきた兄ちゃんも普通の普段着でさっきのデパートとは全く違います。「こりゃ失敗かな」と頭をよぎりましたが、一応さっきの感じで4枚の小判を査定してしもらいます。小判を見るなり、「あーレプリカですね」とつぶやいてます。「騙そうとしてんのかな?」と心配になりましたが、値段が安いなら断ればいいので半分諦めて査定を待ちます。

さっきと同じように刻印をルーペで見つめ、重さを測り、電卓で金の買取価格を打ち込んでいます。査定の結果は、74万円超えてました。あれ?さっきより買取価格高くない?「1g金の買取はいくらですか?」と聞いてみると「4300円ですね」と答えます。さっきよりも200円ぐらい高いぞ!!

兄ちゃん疑ってごめんよ。あんたの目は確かだよ。しかも買取価格もいいねぇ。ん?でもさっきレプリカって言ってたな。聞いてみる。「さっきのレプリカってなんですか?」すると、兄ちゃん「あーあれは流通してた本物の小判ではないという意味です。これも小判ですが当時の通貨ではないという意味です。」あー、そういう意味ですか。その言い方やめたほうがいい、絶対。

最初のデパートよりも3万円も多いので当然ここで売るほうが良いに決まってます。これで確定しました。金の買取価格は店によって違います。なら4997円のインゴットに近い買取のほうが良いに決まってます。怪しんだ兄ちゃんの名刺に査定金額を書き込み、また連絡しますと言って一度店を出ます。こうなると色々回って査定してもらいたくなるのが人間です。知人も同じ意見で他にも査定に行きました。

デパートが4105円、怪しい兄ちゃんが4300円、3件目は自分で鑑定ができないのか、一度預かりたいと言ってきたので断りました。4件目によくショッピングモールにあるブランド物のバッグや宝石を買い取るようなお店に査定しました。若い女性が慣れた手つきで査定して金額を伝えてきます。61万円でした。なんと1g3000円台の格安で話しになりません。やはりあの兄ちゃんに売るのが一番だ。そう思い戻ろうとしたところ、買い取りといえばすぐ浮かぶブックオフ&ハウスオフが前方に見えてきました。

いやいや、ブックハウスは安いでしょ?本も服も安く買い取られる経験がよぎります。でも、ここまで査定巡りしてきました。最後だと思ってブックオフ行ってみようということになり恐る恐る4枚の小判を査定に出します。いつもの番号札を渡され、おばちゃんたちの査定が始まります。

ブックハウスのおばちゃん達、明らかにパニクる

横には誰かが売りに来た大量の服がある中で、3人のおばちゃんたちが相談しています。そりゃそうですよね、4枚の小判査定しないといけないんですから。我々も値段が値段ですから店内で待つこともできません。ヒヤヒヤしながら小判の行く先を目で負います。明らかにパートのようなおばちゃんたちですが、純金を判定するためにバックヤードで色々やっています。頑張れおばちゃん!

そうやって待っていると1人のおばちゃんが「一度金を水に沈めてもいいでしょうか?」と提示されます。今までもそんな査定されなかったし、怪しい兄ちゃんが買い取りを待ってるので「いや、水に濡らすのは困りますね。もし難しければ査定も大丈夫ですよ・・」ともうこちらから助け舟を出す始末です。そうするとおばちゃんは、「分かりました」と言い、再びバックヤードに戻ります。

長い査定が終わり、いよいよ結果発表です。査定金額は、74万円台でした。なんと怪しい兄ちゃんと2000円安いだけという大健闘だったのです!てっきり安いと思っていたブックオフ&ブックハウスでしたが、なんとなんとの高額買い取り価格でした。おばちゃんたちも普段こんな金額無いんでしょう、「できれば断ってくれ」という無言のメッセージ付きの査定表でした。兄ちゃんの方が2000円高いし、おばちゃんたちもビクビクしながら74万円も出すのは怖いでしょうから、丁重にお断りしました。ブックハウスは思いの外、金の買取価格は高いです。

金を売るときはできるだけ多くの店に査定をしてもらうべし

ブックオフを含め5つ査定に行ったわけですが、金の買取価格は店ごとに全く違うことが明らかになりました。それで時間と体力がある限り、金を売る時はできるだけ多くの店に査定をしてもらうべきです。純金の破壊力は抜群で、金と分かったら皆すぐに正しい評価をしてきます。提示金額がどんなに高額でも銀行に行って用意してくれます。金って改めて凄いんだなと痛感しました。

ちょっと前に書いたいらない靴回収?高齢者を狙う「靴靴詐欺」とは?で高齢者からなんとか金属を手に入れようとする詐欺が多いのも納得です。純金なら安定した利益がでますから眠ってる貴金属を手に入れようとするんでしょうね。「壊れていても買い取ります」は結局金を溶かして、金の延べ板にするんでしょう。金歯でも高く売れるという理由がよく分かりました。

おじいさんの小判を売る時も壊れた金のネックレスを売る時も、金を売るんなら色んな所に査定に行ってみてください。もし慌ててないならネットで金の相場を見て高い時に売るのもお得です。

徳力本店 純金 インゴット 10g ゴールドバー 24金 ingot /ゴールド/K24

コメント