[GRへの憧れ] 10年前のGR digital 3を買った3つの理由

お金と物の使い方
なる(70歳)
なる(70歳)

GRをつい買ったぞー。

なる(10歳)
なる(10歳)

GRってそんなにいいカメラなの?

最近GR digital 3を買いました。今から10年前のカメラです。手ぶれ補正はついてないし、1000万画素ですが購入しました。買った感想としては「よかった」です。撮りたかったこういう写真が撮れます。買った3つの理由を挙げてみます。

スポンサーリンク

1.安かった。ほぼ10分の1の値段


最新のGR III↑は約11万円します。カメラの技術もないのに、ズームもない単焦点レンズのみのカメラに11万円出すのは無理ですね。というか11万円あったらタイで1か月過ごせます。奥さんがいいよというわけがありません。

それで探してみると、10年前の型のGR digital 3ならメルカリ等で15000円ほどで売られています。確かに画素数も1000万画素だし手振れ補正ないしISO感度も1600までと古さはあります。

でも単焦点レンズを楽しめるし、手ぶれが無い分カメラ技術も身に付きます。 カメラのプロたちが絶賛するGRを15000円で経験できるならいいかとGR digital 3にしました。中古ですが状態が凄くいいGR digital 3を15000円で手に入れたというわけです。

2.どこにでも持ち運べる大きさ

縦の長さはスマホより短いし小さいのでどこにでも持っていけます。ワイシャツのポケットにも入ります。一眼レフはもちろん画質や撮りやすさの点で素晴らしいと思いますが、どこにでも持っていけるかというと難しいです。

あと一眼レフだと街中でカメラを向けたときに警戒されます。GRなら胸の前に構えてささっと撮影できます。今ではどこにいくにもGRと予備のバッテリーを持っていきます。

3.十分すぎるスペック


1000万画素は画像は汚いのかなと思うかもしれませんが、めちゃくちゃ綺麗です。レンズがいいのか細かなところまで綺麗に写ります。マクロレンズで1cmまで寄れますし単焦点レンズならではの背景の綺麗なボケも表現できます。

スマホに慣れた目でGRで撮った写真みるとものすごくビックリします。あまりに綺麗で。ズームはないですがそれを上回る喜びがあります。もちろんRAWデータでの撮影も可能です。

もちろん物足りない部分もある

10年前のカメラなので色々あきらめないといけない点があります。ISO感度が1600までなので三脚なしでの夜の撮影はかなり厳しいです。暗いところではGRの持ち味のササっとスナップを撮るみたいなことは難しいです。夜はスマホで撮ると割り切っています。

WIFI機能もないので撮影したものをすぐにスマホで見て共有するみたいなこともできません。家に帰ってパソコンでレタッチしてそれから共有という流れです。Ipadなどに物理的に移動してレタッチや共有できるようにゆくゆくはしたいですね。

あとズームが無いので近寄れない場合は諦めることが多いです。単焦点なので自分で近づくしかありません。ズームがあればな、、、と思う時もありますが、見たままの絵をとることに意味があるGRです。仕方がないと割り切ります。

古いけどやっぱGRはGR

皆が言うGRの良さは10年前のGR digital 3でも十分体験できます。見たまんまの写真を撮る、どこにでも持っていける、モノクロにしたときに分かる切れのよさ。買ってよかったと思います。
いきなり最新のGR IIIもいいかもしれませんが、使いこなせるか試してみたい人は中古でGR digitalシリーズを買ってみるのはどうでしょうか?しばらくGR digital 3にお世話になるので情報を集めてまとめていきたいと思ってます。

私がタイで毎日撮ってる写真はなるなるインスタで配信中です。ぜひ見てやってください。

なる(70歳)
なる(70歳)

これぞまさに撮る喜びがあるカメラじゃ。

[単焦点] GRで写真を数百枚撮ってわかった5つのこと [構図分かる]
GRを買ってどこに行くにも持っていくようになり、早いものでもう3か月です。インスタにあげた写真も150枚を超えました。GRを使いだして気が付いた5つの素晴らしい点を書き出してみます。

コメント