冬にipadが落ちる時充電がおかしい時は人肌で温めるといい

お金と物の使い方

友人がipadについて興味深いことを言っていました。

「冬のipadは時々温めないと充電ができないんだよね」
「膝の上に置いたりして人肌で温めると起動しなかったのがしたりする」

ipadが冷たくなると起動や充電に支障が出るようです。調べてみました。

スポンサーリンク

冬場とくに外でipadを使う人は温めながら使う

ipadを触ってみてキンキンに冷え切っている時は温める必要がありそうです。

Apple公式サイトによると0度以下になると低温すぎて支障が出ることがあります。

ちなみに35度以上になると逆に高温でよくありません。

冬で暖房を使わない睡眠中などipadが冷たくなりすぎる可能性があります。

バッテリー - パフォーマンスを最大化する
あなたのiPod、iPhone、iPad、Apple Watch、MacBookに組み込まれているリチウムイオンバッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばしましょう。あなたがどんな使い方をする場合でも、最高のパフォーマンスを引き出すためのヒントを紹介します。

次のような症状が冬のipadに出た場合は人肌で温めましょう。

  • 十分なバッテリー残高があるのに急に電源が落ちる
  • 充電の数値がある数字で止まってそれ以上充電できない
  • 100%ではない数字で充電が完了しているとのマークがでる
  • ほとんど触っていないのにバッテリー残高が30%~40%付近になる
  • 充電できず起動もできない

35度以上になると高温で逆に動かなくなる可能性があります。

温まる時は人肌ぐらいがちょうどいいです。コタツやカイロで軽く温める人もいるようです。

犬や猫のように使う前にipadを温めましょう。

コメント