ノイズキャンセリングで没頭できる世界に行く [騒音は疲れの原因]

健康に生きる
なる(10歳)
なる(10歳)

最近学校から帰るととても疲れるんだ。

なる(70歳)
なる(70歳)

昼休みに遊びすぎなんじゃないかのう。

職場は静かな所ですか?それとも常に話し声が聞こえる環境ですか?
もし絶えず騒音がする場所ならそれが疲れる原因かもしれません。

スポンサーリンク

人は50~60デシベル以上の騒音にストレスを感じる

60デシベルの音の目安はこれくらいです。
・走行中の自動車内の音
・普通の会話の音量
・デパートの中の音

デパートの中の音量が勤務中の8時間ずっと聞こえるなら疲れると思いませんか?
長時間その環境にいると、怒りっぽくなったり、血圧があがります。そのため、一日の終わりに疲労した状態になります。

なる(10歳)
なる(10歳)

普通の話し声って結構大きいもんね。

ある実験によると、騒々しい環境で働くと静かな場所で働くよりも20%よけいにエネルギーが消耗される結果が出ました。聞きたくない音を聞かされるので、判断力や集中力に影響が出ます。

ある工場では騒音対策をして100デシベルから75デシベルに騒音を下げました。すると健康な技術者の事故発生率が半分になり、生産性は20%増加したのです。

騒音が少ない職場は生産性があがり、ミスと疲れが減ります。

仕事場や通勤の時どうすれば騒音の被害を少なくできるでしょうか?

ノイズキャンセリングを活用する


イヤホンやヘッドホンをしてもいい職場なら騒音をほぼ0にすることが可能です。ノイズキャンセリング機能を使うことができます。

ヘッドホンであれば飛行機の中の騒音でもほぼカットできるソニーの WH-1000XM3 がピカイチ。連続再生時間が30時間という驚異的な長さも素晴らしいところです。職場で1日中使っても3日間使えます。

イヤホンではAirPods Proが安定のノイズキャンセリング。評判のポイントして人の声や信号の音などは自然に聞こえるけれど、騒音は完全に消えているという点。仕事場では話しかけることもあるので人の声が聞こえるというのは助かります。

騒音は職場だけでなく、通勤や自分の部屋にまで入ってきます。ノイズキャンセリング機能があるヘッドホンやイヤホンがあれば、瞬時に騒音がない世界に入ることができます。

私も作業中はノイズキャンセリング付きのイヤホンをしています。没頭できる自分だけの世界にいる感覚です。

そこには平和と集中できる空間があります。疲れを増大させる騒音を好きな時にカットしましょう。

なる(70歳)
なる(70歳)

わしは自然と最近ノイズキャンセリングになっとる。

[体からの悲鳴] 運動しすぎると現れる5つのサイン
運動は健康に不可欠です。健康でスタイルのいい人は皆、運動をしています。でもしすぎるとよくありません。運動をしすぎると体にどんなサインがでるんでしょうか?5つあります。

コメント