いきなり確信となる質問の反応で本音が分かる

心理学・人間関係
スポンサーリンク

私が心理学に興味を持ったのはAMAZONプライムで見れるアメリカのドラマを見てからです。THE MENTALIST メンタリストというドラマでもう何回も見ています。このドラマにでるパトリック・ジェーンが凄腕のメンタリストで心の師匠です。ジェーンがよく使ういきなり質問して反応をみる心理学を考えてみます。

ポイントは脈略なく確信をつく質問をする


THE MENTALISTのファーストシーズンの第一話でこのテクが使われます。

娘が殺された母親が、犯人が夫であると疑っています。ジェーンもそう確信しているようで夫と出会ってすぐにこう聞きます。
「警察です。娘を殺しましたか?」
すると夫は数秒の沈黙があります。妻はその様子をみて夫がやったと確信しています。長年一緒にいると不自然さが分かるようです。ジェーンは冷静に「簡単なことを聞いてるんです。あなたが殺したんですか?」ともう一度聞きます。
それに答えて「違う。私は娘を殺していない」と答えます。
そしてこう言うのです。「殺してないなら普通殴りかかる」

なぜ数秒の沈黙が生まれるのか?

その理由は簡単です。その質問は大事な質問なので答えに数秒迷うのです。イエスと応えるべきか、ノーというか、さらっと流すか。あまりに核心的な質問なのでどれが一番いいかを考えてしまうのです。

古畑任三郎や相棒の右京さんも去り際に質問するのはこのためです。一番聞きたいことは帰ると思わせて緩んだところに質問します。その時の一瞬の迷いの表れである、一瞬の沈黙は何か意味があるといえます。

人は犯人扱いされるとまず怒りがでる

大人でも子供でも犯人扱いされると正常な反応は怒りです。自分が犯人ではない、どうしてそんなこというんだ、これが正常です。ましてや自分の娘を殺したか?という質問ですから殴りかかるのが当たり前の反応でしょう。

これから分かるのは嘘を見抜くには少し相手に不快な質問が効果的なのがわかります。瞬間的なイラッとする反応が正常ですから、それが答えの質問が必要です。嘘をつく人は、沈黙のあとに怒りなく否定し、冷静に「なんで?」と聞いてきます。

無意識に否定して理由を聞くのが正解だと思って冷静を装います。でも正解は怒りなのです。その証拠にジェーンはドラマの中で何回か突然の質問をして、相手が怒り、謝るシーンがあります。疑ってる相手に質問して怒るかどうかで犯人かどうか見極めているようです。

メンタリストは相手の反応を見て分析していることがよくわかります。夫に娘を殺したか聞いたシーンもずっと妻の反応を観察していました。夫婦は互いの嘘が分かるようです。

質問をし、反応を見ながら、妻の反応をみて確信する。ドラマの登場人物ですが、やはりジェーン師匠は素晴らしいですね。AmazonプライムビデオでTHE MENTALISTの1−7シーズンまで見れます。

相手が自分を好きかどうかは足の向きを見ると分かる
気になる人がこちらにどんなに素晴らしい笑顔を向けていても、足が向いていないならあなたのことを好きじゃないかもしれません。大事なのは足の向きです。なんでそういえるのかを考えます。

コメント