windowsをやめてlinuxをメインに使い出した感想

最初に富士通のFM-Vを買ってから浮気もせずwindowsを使ってきました。もう20年以上もwindowsを使ってきてPCはwindowsが当たり前だと勝手に思っていた自分がいます。

しかし、時代の流れと共にその考えがだんだん変化が。macがあっという間にPC世界のナンバーワンになり、vaioはいなくなってしまった。windowsも次々と新しいosをだしてきたけれどmeやvistaといった不安定osにより信じられなる。

そしてwindows8というこれまででもっとも使いにくいwindowsの登場。かろうじてwindows7を使って8に行かなかったので大きな被害は今のところ無し。

でもwindowsの悪い癖だけれども新しいosが出る前にアップデートの嵐でどんどん重くなった。window10も軽さで好評だけれどこの前のアップデートは長かったなぁ。毎回毎回やることが多いのにosで頭を悩ませるのはもううんざりだった、そんなある日・・・

スポンサーリンク




xpパソコンがさくさく動く衝撃のlinux

うちの近くに引っ越してきた友達が使わなくなったxpのパソコンをもらったと言っている。「今更、xpのパソコンでネットするのはちょっとこわいなぁ」と思ってそのことを友人に忠告した。

すると友人は、「linuxを入れるから大丈夫だよ」と平然と答えた。

「へ?linux?あの少し前に話題になったos?」と完全に馬鹿にしている自分。linuxの言葉は聞いたことがあるけれど、なにかマニアックでサーバー用かと思っていた。そういえばプログラミングをする知人もlinuxが便利だといっていたのを思い出す。プログラミング用のプログラム?

そんなぐらいに思っていたしそれ以上は知りたいとも以前は思わなかった。でも今回、目の前にいる友達も「linux」と言っている。「どうlinuxっていいの?」と聞いてみると、いいことづくしだった。

・まずos自体の値段が無料であること。
・ワードやエクセル、photoshopなどのソフトが完全無料で使えること。
・とにかく軽いため、xpのパソコンでもさくさく動くこと。
・windowsに比べてユーザーが少ないため、ウイルスを恐れる必要がないこと。
・linuxでも沢山の種類があり、それぞれの個性に合わせて選べること。

このPC世界全盛期にそんな無料でいいことづくしのosがあるのかと目から鱗だ。

しかし、話がうますぎる。実際動いている様子をみてからじゃないと信じないぞ!実際に動かしてもらうことにした。

ほとんどwindowsと同じように操作できるlinux

友人がインストールしたlinuxは「Vine linux」というものだった。画面の色合いは暗いものの立ち上がりも早くすぐにデスクトップになる。windowsを使ってればなんとなくわかるこの感じ。問題なさそうだ。
いろいろ使ってみて色々驚いた。xpのパソコンなのにサクサク動く。インターネットもどんどんページを開ける。欲しいソフトもHPを探してダウンロードして使うというよりもApp Storeのようにアプリを探してインストールする感じ。アップデートもある順に右下に表示され押すとアップデートしてくれる。軽いカルチャーショックを受けた。始めてパソコンに触ったあの感覚に似ている。

windowと共存できるlinux

「これならもう一生パソコンのスペックやosに困ることはない」そう確信した私は、自分のwindows7のパソコンにlinuxをいれることにした。別の友達に聞いて軽くてwindowsに限りなく近い「linux Mint」に決めた。

サイトからダウンロードしてDVDに焼き、PCにいれて再起動する。windows7を消さない選択をして、ハードディスクの容量を分けて進んでいく。linuxのいいところはインストールの前にテストで実際に動かせること。ちゃんとサクサク動くことを確認してから本格的なインストールへ。

もうwindowsには戻れないlinuxの快適さ

Screenshot

あれだけヒーヒー言っていたハードディスクの音はあれからもう聞こえない。インターネットのページを開く前のあのタイムラグはもういない。電源ボタンを押せばすぐに「おはよう」と声をかけてくれる新しい執事・・・

なんということだ。こんなに快適になるとは・・・とにかくすべてのスピードが早い。起動も読み込みも比べ物にならない。以前なら特定のソフトを使うこだわりがあったが、今は同じことができればいい時代。ネットにさえつながっておけばすべてOKの私にとってlinuxは完璧だ。正直chrome bookを買おうかと一時期思っていたが買わなくて本当に良かった。数千円で買えるパソコンで同じ環境がすぐにできてしまうのだから。ハードディスクだけ入れ替えて使えばまるで新品のパソコンとして蘇る。もうパソコンのことで悩まなくてもいい。そのことが嬉しくて仕方なかった。

PCを起動すると、「linux」か「windows」どちらを起動するか選ぶことができる。どうしてもwindowsじゃないとダメなときも再起動すればすぐに戻ることができる。もうほとんど戻らないけどね。linuxで立ち上げてる時もwindowsで使ってたデータに普通にアクセスできるのも素晴らしい。同じハードディスクを使ってるんだから当たり前なんだけどデータ移動しなくていいのは本当に助かる。

何度も私にlinuxの存在を教えてくれた友たちよ、本当にありがとう。これで環境のことを一切心配せずこうやってブログを書けるストレスフリーは素晴らしい。ネットがつながってサクサク作業したい方。お金はないけれどパソコンには強く、検索で問題を解決できる方。悪いことはいいません。linuxを使ってみてくだされ。