今の小さい子供がYOUTUBEで繰り返し見ているものとは?

知恵・発見・知識

二人の甥っ子を見てて最近発見したことがある。

上の子は幼稚園で下の子はまだ2歳だけれども二人ともうまくタブレットを使いこなす。

YOUTUBEを開いて好きな動画をずっと見ている。

 

さて、この子どもたちはYOUTUBEで何をみてるでしょう?

もしこう聞かれたらどう答えるだろうか?

子供が見ているものだしそんなに難しくないと思うかもしれない。

僕もそうだった。

「好きなアニメかなぁ?やっぱ今は妖怪ウォッチ?」

そんな簡単に予測して母親である妹に聞いてみると予想外の答えが返ってきた。

 

アニメは大好きだがアニメを見るわけではない

アンパンマンやクレヨンしんちゃん、妖怪ウォッチなど甥っ子たちは沢山のキャラクターが大好きだ。

YOUTUBEにはそうしたアニメそのものもあることはある。

でも甥っ子たちはそのアニメを見てるのではなく、そのアニメのキャラクターの「おもちゃ」の動画を見ていた。

特に甥っ子はトーマスが好きなのだがトーマスのおもちゃが走る動画を見ている。

誰かが買ったトーマスのおもちゃが走ってる姿。

そのおもちゃがぶつかり合うところでキャッキャッいって喜びながら見ている。

その動画が終わるとまた関連動画からおもちゃの動画を見続ける。

 

その姿を見た時、結構衝撃を受けてしまった。

てっきりアニメが好きでアニメを見てるんだろうと思ってたからなおさらだった。

子どもたちはYOUTUBEというメディアを使いおもちゃの研究をしていたのだ。

 

なぜおもちゃの動画をみたがるのか?

理由は簡単で明快だ。

「欲しいおもちゃの遊び方」を見ているのだ。

CMで流れるおもちゃに興味があるけれどどんなおもちゃか分からない。

面白そうで買って欲しいけど本当に面白いか気になる。

確かめて親に買ってもらいたいのだ。

 

その証拠にYOUTUBEで「アンパンマン」と検索してみると面白いことになる。

検索結果はアンパンマンのおもちゃで埋め尽くされる。

再生数をみてみるととんでもない回数になっている。

アップしている人の広告収入はとんでもないことになってるだろう。

これだけ再生されていることを考えると「おもちゃの動画」を見る子供がいかに多いかわかる。

全国の子どもたちは「おもちゃ」の動画を見て研究しているのだ。

 

うちの甥っ子はその研究の賜物なのかもしれないが欲しい物がはっきりしている。

時々一緒におもちゃ屋にいってほしいものを選ばせると全く迷わない。

一直線に欲しいおもちゃに行き、「これが欲しい」と持ってくる。

家で沢山のおもちゃを見ているのですでに迷う作業は家で終わっている。

あとは実際に手に入れて遊ぶだけなのだ。

 

買う前に動画をみることについて

時代が変わったのでこういう買い物の仕方もあるのだなぁと思う反面、悪い点もあるなぁと思う。

自分が子供の頃はおもちゃを買ってもらう時に沢山の失敗もした。

あるファミコンのソフトをよく選んだつもりだったけど面白くないパズルゲームだった。

自分的にはアクションゲームが欲しかったのだがパッケージの後ろだけでは判断できなかった。

面白くないけど今さっき買ってもらったのでしばらくは次のおもちゃを買えない。

子供心に「もう失敗しないぞ」と教訓を得た気がする。

買い物をするときには慎重になることや全部欲しい物は買えないことを学んだ。

 

甥っ子たちのように事前に調査しておもちゃを買うと感動は無いと思う。

「欲しくてたまらなかったおもちゃを買ってもらった」という嬉しさや感動は薄いと思う。

だって何十回もおもちゃの動画を見てすでに知り尽くしてるものだから。

買ってもらって失敗する経験もないのだ。

 

これは芸人のギャグにも当てはまる。

新人芸人がギャグでブレークすると一気にYOUTUBEで見ることができる。

面白いから何度もみてしまいやっとTVで披露する頃にはこちらが飽きているのだ。

一発芸人という言葉があるのは動画が見れるからだと思う。

 

甥っ子たちよ、研究もいいけれど冒険をしておもちゃを買ってもらいなさい。

面白くても面白くなくても感動は違うし感謝も違うぞ。

チャレンジするのはそういう積み重ねで身につくのかもしれない。

たまにはおじさんにおもちゃ屋で悩んでる姿を見せておくれ〜。

 

コメント