車に乗ってる時は本性がでやすい?運転中に怒らない簡単なコツ


車に乗ると普段は温和なのに凶暴になる人がいます。
運転中にちょっとでも嫌なことがあると暴言を吐く人がいます。
なぜ車に乗ると人の本性がでやすいのでしょうか?

スポンサーリンク




車に乗るとなぜ本当の自分が出やすいのか?

歩いてる時ならそんなことないのに車の時は凶暴性が増すのはなぜでしょう?
車に乗ってるという安心から気持ちが大きくなってるからです。
歩いてる時ならすぐに絡まれます。
でも車にいるという安心感から身が安心だと思っているのです。

まして相手よりいい車、大きい車に乗ってるならもっと気持ちは大きくなります。
「あなたよりもいい車乗ってるのよ」となってしまいます。

その守りがあるせいで普段は抑えてる感情が出てきます。
我慢してることができなくなります。
こっちが優先だとそれを守らない車が許せません。

その証拠に車の中にいる時のほうが周りで起きてることをガン見します。
普段なら見ない怖い人や変な人を車の中ならガン見できるのです。
車に守られてると思うからです。

やりすぎて前の車が降りてくることを考えてみてください。
ぞっとしませんか?やりすぎたと後悔するでしょう。

ただでさえ左右後ろを確認しないといけません。
そんな運転中に自分を抑えるような余裕はないのです。
だから運転中は本来の自分がでやすく怒りやすいのです。

どんな失礼なことされてもお詫びされると許せる

相手も自分もそんな状態ですから横から無理やり入ってくるようなら怒りがこみ上げます。
いつものように自制がききませんから当然ですね。

もし自分が強引に入る方の車なら謝罪をしましょう。
入るときに頭をさげることもいいことです。
入った後にハザードでごめんね、ありがとうを伝えましょう。

強引な車のせいで自制がない状態で怒りに達しています。
その車が謝罪も悪気もなかったらどうでしょう?
怒りが抑えられません。

自分がされたら嫌なのですからせめて謝罪しましょう。
謝罪をされると「あー反省してるんだな」となります。
その後にベッタリ後ろにつかれて煽られることもないでしょう。

運転中に怒らない簡単なコツ

車に乗ってる時はこう思いましょう。

「全部先に行かせたほうが車に関しては勝ち」

絶対に先に相手の車を優先させたほうが勝ちです。
このタイミングでは俺のほうが優先だ、と思う時でもゆずるのです。
そうすると相手は感謝して先にいきます。
お互い気持ちがいいので快適に運転できます。

その後をゆっくり怒りなく行けばいいのです。
もし強引に自分の主張をすると先に入れても事故の可能性が増すだけです。
後ろが気になって仕方ありません。
「怒ってないか」「煽ってこないか」
そんなことばかり気になって前なんて見れません。

それでどちらが先に行くかの場面では相手を先にいかせましょう。
どうしても前にいかないといけないなら態度で謝罪を示しましょう。
悪いと思わなくてもハザードで感謝を示しましょう。
そして助手席の人は運転手は怒りやすいのでなだめましょう。