齋藤考の言う「研究力」から分かる勉強するという本当の意味

知恵・発見・知識


何かに精通するためには勉強しなければなりません。
短期間で専門家になるにはどれくらい勉強する必要があるんでしょうか?
沢山と言っても漠然です。
齋藤さんの「くすぶる力」という本に「研究力」が言及されています。

仕事にするための量と集中力

齋藤さんは「くすぶる力」の中で研究する過程を教えてくれています。
例としてファッションデザイナーになるための研究の仕方です。
全文を載せるのは難しいので抜粋してみます。

・古本屋で安い雑誌を買い込み、ある年代に徹底的に詳しくなる
・1970年代の雑誌を片っ端から切り抜いてスクラップブックにする
・1ヶ月集中してやれば精通できる。
・ビジュアル中心の雑誌だと1日か2日あれば30冊か40冊こなせる。
・4、5万円あれば10年分くらいの雑誌は手に入る。

そんなに暇な時間はないと思うかもしれません。
仕事にしたいのであれば、それくらいの集中力は当たり前です。
と齋藤さんは述べています。

これから分かるのは研究とは量が半端ありません。
2日で30冊としても450冊の雑誌が必要です。
もちろんお金も時間も不可欠です。

専門家になるためには、仕事にするためにはこれくらい必要です。

大量にインプットすると大きい財産になる

日本映画の名作を100本見ると何が起きるのでしょうか?

邦画通になるのはもちろんのこと、人間を理解する力や時代を読む目が養われ、心が耕されます。
度を過ぎた大量インプットは、経験の質を変えるのです。

邦画の専門家にもなりますが、得る知識はそれだけじゃないということです。
付属する情報、人間としても経験も何倍にもなります。

それで1つのことを大量に自分に入れるのは凄いことです。
一気に専門家になれます。
そして思いもしなかった情報と経験が手に入ります。

図書館にあるカテゴリーの量の本じゃ足りませんね。
ましてや本屋で立ち読みしたぐらいじゃまるでダメです。
大量インプットの価値を信じてお金と時間を割きたいですね。

くすぶる力【電子書籍】[ 齋藤孝 ]

コメント